強くなりたい!ニオ・ラモーンの筋トレブログ

強くなる為にガリガリ体型から筋トレに挑戦するブログです!初心者だけど頑張るぞー!

名作!迷作?懐かしのプロ野球ゲームソフト達!

どうもニオ・ラモーンです!

  

皆さんはプロ野球は好きですか?

好きな球団、応援している選手や監督もいることでしょう。

ここ数年、プロ野球の人気が下がったとはいえ

テレビや球場で熱い応援をしているファンもいますよね。

 

しかし観るだけではなく実際に野球をしたい!

とはいえ、リアルでやるのは疲れるしメンバーが揃わない(笑)

 

そんな時は野球ゲームがある!!

 

野球が好きな人なら1度は野球ゲームで遊んだ人もいるのではないでしょうか?

自分は野球ゲームが大好きでしたよ。例えば、

コナミの「実況パワフルプロ野球」です。

その中でも選手を育成する「サクセス」にはハマりましたね。

「アバタボール」が好きだった。

 

2つ目はナムコ(現バンダイナムコエンターテイメント)の「ファミスタ」です!こちらも根強い人気を誇っていますよね。

「ぴの」の足の速さを忘れません(笑)

 2作品共に、野球ゲームの王道であり多くの固定ファンが日本中にいることでしょう!

 

しかし今回、ご紹介させて頂きたい作品は上記の2作品ではありません!

 

この記事では過去にファミコンで発売された、 一癖も二癖もある伝説の野球ゲームを3作品紹介したいと思います。

 

 

1本目はこれだ!!!

 

タイトーから発売された「究極ハリキリスタジアム平成元年版」です!

これは好きでしたねー。

ゲーム上に出てくる解説者が明らかにミスタープロ野球長嶋茂雄さんや昭和の怪物、江川卓さんだった。

江川さんは耳がえらくデカかった記憶がある(笑)

 

選手の名前は、もちろん実名ではありません。

 原辰徳さんは…「たら」

ウォーレン・クロマティは…「こらまて」

駒田徳広さんは…「こまった」

 

 当時は爆笑したよ!!

 

 そうそう、忘れちゃいけない。このゲームには女性アイドルチームが存在した!その名は「アイドール」簡単に選手紹介をすると

 

荻野目洋子さんは…「ようこ」

 中森明菜さんは…「あきな」

 

荻野目洋子さんは前作のハリキリスタジアムでは「おきのめ」だった(笑)

 

乱闘もあるゲームでなんだかんだ、楽しめたゲームです!

 

 

続きまして2本目!!

カルチャーブレーン超人ウルトラベースボールだ!

とんでもないゲームだった(笑)

投手が色々な魔球を投げれるんですよね。魔球を打者に当てたら体が爆発したりする!

もう、その記憶しかないよ(笑)

皆んなでゲラゲラ笑いながら遊んだ1本だった。

じゃあ次〜。(早いなぁ)

 

 

ラストはこれだ!!

ジャレコの「燃えろ!プロ野球」です。

このゲームは親戚の家で、遊びましたねー。懐かしい。

このゲームの最大の魅力は「バントでホームラン」が打てる!

 

以上。

 

それだけかい!と言われても、それしか覚えていないんだもん。

仕方ないでしょ(笑)

 

本当は、ファミコンで発売されたソフト「プロ野球殺人事件」について書きたかったけど、遊んだ事ないから記事にするのに抵抗があった。

でも当時、テレビCMも観ていたし、このゲームが欲しかったから、ある程度の内容は知っています。

とはいえ遊んでないので念の為、ネットで調べました。

 

江川さんに似たキャラ「いがわ」が殺人の容疑にかけられ無実の罪を晴らす為、闘うゲーム!

これだけでも、ワクワクしてくる(笑)

聞いた話では、このゲームで、おちあいひろみつさんの奥様、おちあいのぶこさんにプレゼントを渡さないと自宅に入れてもらえないらしい。

よくこんな凄いゲームを発売できたな。

調べたら「カプコン第2企画室」と記載されていました。

カプコンやるなぁ(笑)

 

 

 ここまで、プロ野球ゲームについて書かせて頂きました。

これからもプロ野球ゲームも、そしてプロ野球もさらなる飛躍を期待しています!

 

読んでくださってありがとうございました。

 

 

 

 

 

高校時代、硬式野球部だったニオ・ラモーンでした(マジだよ笑)

 

またねー!

名前も分からないけれど親切にしてくださった方々。

皆さん、ニオ・ラモーンです。

 

暑い日々が続きますねー。

こんな暑い日は一昔前まで甘党だったニオ・ラモーンなら、かき氷やアイスクリーム、炭酸飲料などをガツガツ食べ、ガブガブ飲んでいましたね!

 

現在は、過去の記事に書かせて頂いた通り砂糖、ぶどう糖果糖液糖のほか人口甘味料(アスパルテームアセスルファムK等)を口にするのは控えています。

 

冷たい物が欲しいなぁ〜って時は、ミネラルウォーターか麦茶を飲んで喉を潤していますよ。

 

ちなみに完璧に甘い物を辞めたのですがストレスなんかありません!

無理なく続いています!

 

余計な近況報告らしい話はこの辺にして、本題にはいりますね。

 

 この記事を含めると、「強くなりたい!ニオ・ラモーンの筋トレブログ」が20回目となります。

 20回目の節目に、自分の心に残っている出来事を書こうと思いました。

 

 

話は自分が幼かった頃に遡ります。

 

家族で遊園地に遊びに行った時でした。自分は幼稚園児くらいだったと思います。

どんな遊園地で、どういった乗り物があったかほとんど記憶にないですが、親切にして貰った事は覚えています。

自分が選んだ遊具の正式名称が分からないのですが、とても大きい風船のような中に入りカラフルなボールが沢山ある遊具(遊具という言葉が適切でしょうか?)で遊ぶ事にしました。

そこに、自分と同じくらいの幼稚園児から小学生くらいまでの子供が大勢いて賑わっていました。

多くの子供達が楽しそうに遊んでいるのに、なぜか自分は、そこに入ってからすぐに泣き出してしまいました。

当然、知らない子ばかりだし周りの雰囲気に馴染めず、その空間に居るのが辛かったのでしょう。

 どうしても、その場から出たくて泣いてしまいました。怖かったんですよね。

1人でどうする事も出来ずに声を出して泣いていると、小学生くらいの女の子が心配してくれて、声をかけてくれました。

「どうしたの?」、「お父さんやお母さんは?」、と聞かれて、この場にいる事が怖くなったことを伝えました。

その遊具から出る事になった時に

泣いている自分を、おんぶしてくれながら、「この子のお父さんか、お母さんはいませんか?」と言いながら親を探してくれました。

幸い、すぐ近くに父がいて女の子は、父に自分が泣いていた事情を説明してくれたような記憶があります。

父は助けてくれた女の子にお礼を言った後、その子と別れました。

 

このエピソードは大人になった今でも、覚えています。

優しく声をかけてくれたり、おんぶまでして親を探してくれたことが本当に嬉しかった。

 

きっと安心させてあげようという思いから、おんぶをしてくれたんでしょうね。

 

1人ぼっちで泣いていた自分を助けてくれてた事に感謝しています。

あの時の事を思い出すと、暖かい気持ちになりますし、大人になった今でも忘れていませんよ。

 

 改めて、あの時は助けてくださって本当に感謝しています。

 

 

 

 そして、このブログに来てくださっている方や読者登録してくださっている方、本当にどうもありがとうございます。

 

 

 

これからもブログを続けたいと思っていますので、今後もひとつよろしくお願い致します。

 

ニオ・ラモーンでした。

 

またね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボウズにしちゃいました。

甘栗むいちゃいましたみたいなタイトルですね、今回の記事。

 

改めまして皆さん、ニオ・ラモーンでございます。

 ここ最近の自分は「若い頃のイギー・ポップ」みたいな髪型をしていたのですが

 髪がウザくなったのでボウズにしちゃいました。なんせ髪を切る前は、周りの奴らにイギー・ポップではなく「若い頃のジャッキー・チェン」とか言われてましたから。

(ジャッキー・チェンはカッコイイけどなぁ!)

 

ボウズにしてサッパリ!気分爽快ですよー!

 

このジョリジョリ感が何ともいえませんなぁ。

 

ボウズにしたところで、今から甲子園は目指せませんがムッキムキは目指せます。

 

 ボウズにすると「何かあったの?」と不思議そうに聞いてくる人が数人いましたが、特になんもないです。髪が長くなって邪魔になっただけなんで。

 

 髪型は時々、変えてますね。

 

 今日は、誰も得しない内容ですが(いつも誰も得しないブログだと思うよ)

過去にやった髪型や髪色をブログに書いてみます…

 

  • ロン毛

無期限活動停止する前から、ロックバンドの黒夢が大好きでベーシストの人時さんの影響を受けて、人時さんのようなサラサラでクールなロン毛を意識して自分もロン毛にしたんです。

カリスマボーカルの清春さんも好きですが、ベーシストの人時さんも同じくらい好きで人時さん風のロン毛にしたのに一部の輩からは「金八先生」みたいと言われ、スッゲーむかつきましたね!!

 

  • パーマ

パンチではありませんよ!(笑)

オシャレなパーマを美容院でやって貰ったんですよね〜。(初めて美容院に行った時キレイな女性ばかりで、なぜか緊張したわ笑)

自分的には納得していましたが、これまた一部の輩に当時の松田聖子さんがしていた「聖子ちゃんカット」と言われ(リアルタイムで松田聖子さんが聖子ちゃんカットしていたの知らんくせに)、

そんな事をいわれて、ラグビーで世界選抜にも選ばれた事のあるプロレスラー、の阿修羅原さんの必殺技「ヒットマンラリアット」を喰らわせたくなりましたよ。

 

 

  • 茶髪

自分で染めるのに自信がなかったので、美容院で染めました。

髪型は耳が全部、隠れる程の長さです。

またまた、一部の輩からは演歌歌手の氷川きよしさんに似ているとか(氷川さんに似ていると言われたのは別に嫌ではないですよ)

他に

性格の悪い変な女性グループにタレントのMEGUMIさんに似てるとか言われ、「アホか!ありえねーだろ!似てねーべ!」と思いましたね。だってMEGUMIさんて女性じゃん。(言われたのは一回だけだし、こんな事をいうのも彼女達だけですから似てはいなんでしょうがね)

 

  • 赤髪

茶髪にしたから、今度は赤にしたいと思いやっちゃいました!

イメージは黒夢のシングル、「SEEYOU」の時の清春さんですね!

この名曲は卒業ソングであり甘酸っぱく切ない曲でした。MVで清春さんの赤髪を確認できますよ。

無期限活動停止前の黒夢のライブを観に行けたのは、貴重です。2人は「ビジュアル系」を辞めてストリートなバンドに変わっていった時でした。清春さんのライブでの激しさと格好良さに当時の自分は迫力に圧倒された!人時さんは「人時ちゃんタイム」でベースを搔き鳴らし、ドラムのスティックで弾く場面が、すごくクールだった!

 サポートドラマーのそうる透さん(記憶が確かなら、そうる透さんが叩いてたはず)のドラムと人時さんのベースが合わさった時は格好良かったー!

 

  • スパイキーヘア

ワックスでツンツンに髪を立たせてました!

かつて、週刊少年サンデーで連載された西森博之先生の作品で今日から俺は!!」の金髪の三橋貴志の相方、トゲ頭の伊藤真司をイメージしました。(2人が主人公)

このマンガが大好きです!今だに好き!!

感動するし、笑えるし影響を受けまくりでしたー!下ネタが殆どないヤンキーギャグでもありましたね。

伊藤真司ほどではないですが自分の髪形も、かなりインパクトがあり好きでしたよ。自分は仲間思いで優しい伊藤真司のようになれたかな?

同時に自分はパンクスなのでスパイキーにしたかったんだと思いもあります!

 

  • モヒカン

 ベッカムみたいな、所謂ソフトモヒカンではありませんよ。

ハードコアパンクなモヒカンにしました!

アメリカ出身の不屈のパンクバンド、RANCID」のギタリスト、ラーズ・フレデリクセンをリスペクトしていますからね。RANCIDはかっこいいし、最高です!

ライブだって勿論行った事ありますから。

先月、ニューアルバムが発売されましたね!(買うお金がなかったのでYouTubeで我慢してます)

RANCIDは「破壊不可能」であり、これからも最高のパンクロッカーであり続けるでしょう!

 

  • 板さんヘア

これは元美容師として働いていた女性に自宅で切ってもらっていた時です。

モヒカンもやって貰ってましたね。

普段はとても上手なのに 、この時は板さんみたいにされてしまった…。

板前みたいだと言ったら彼女は、みるみる不機嫌になり「もうやってあげないよ!」

と言われてしまいましたとさ。

 (板前さんがやると清潔感があって、カッコイイと思いますが、ニオ・ラモーンがやると似合わないよな)

 

  • 七三分け

某ホテルで勤務していた時です。

特に七三分けにしなければいけなかった訳ではないのですが、誰にも身だしなみで文句を言わせたくなかったんですよね。他に七三分けにしている人は、いなかったです。

遊び心のあるオシャレな七三分けではなく、高度経済成長期にいたような、「これぞ七三分け」って感じでした。

 

懐かしい想い出だな。

 

自分が過去にやったヘアスタイルをブログに書いて何の意味があるか分かりませんが、ここまで書いてしまったし載せちゃいます。

 

これから髪が伸びたらどうしようかな?

 

またボウズにするか?そのまま伸ばして爽やか青年(青年なの?)になるか?

 

 ところでBOSEのスピーカーって音が良いよね。

ボウズ繋がりね…。

 

かなり滑ってるから

区切りよく、この辺で終わりにしましょうか(苦笑)

 

 

 

ニオ・ラモーンでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポーツ用品店に行くとやる気が出る!

皆さん、ニオ・ラモーンです!

 

皆さんはスポーツ用品店に行ったりしますか?

自分は、用事のついでに訪れる程度です。

個人のスポーツ用品店も良いですが、ここ数年はチェーン店のスポーツ用品店を利用する事が多いですね。

まずスポーツ用品店で

ニオ・ラモーンは、何を見るかというとプロテインですね!

そりゃあ筋トレを始めれば、大切な心の友になるんだからさー!当然でしょ!

自分の個人的な感想ですが、スポーツ用品店もプロテインに力を入れているのではないでしょうか?

色んなメーカーのプロテインが数多く置いてあって成分表示を見るのが、少し楽しいですね(笑)

筋トレは、ずっと継続したいと考えているからプロテインとは長〜いお付き合いになるんですよ。プロテイン選びは重要だと思います!

 

プロテインを調べた後は、ゴム製のチューブとか見ちゃいます。

実は一本もっていて当初はインナーマッスルを鍛えようと買ったのですが、現在はストレッチをする際に使っています。

自分が買ったのは割と硬いというか力がないと、なかなか伸びないチューブを買ってしまったんですよね。(甘く考えてチューブの強度を選ぶ時に強を買った)

今後、新しく買うつもりはないですがスポーツ用品店に行くと、なぜか何となく見てしまいます。

 

そして忘れちゃいけない、トレーニングウェア!

各社、トレーニングウェアを出していますねー。

ナイキやアディダスアンダーアーマー 、見ているとやる気がグーンと上がります。

 昔、おっさんが着用していたようなダサいトレーニングウェアなんてもう見当たらなかった(笑)もちろん、どんなに格好良くて品質の良いウェアでも、しっかりワークアウトしなきゃ宝の持ち腐れですからね。

 

そのうち、ウロウロ店内を歩いているとゴルフをしないくせに、なぜかゴルフ用品コーナーで足を止める。

ゴルファーの名前も世界の青木さんや、ジャンボ尾崎さん、石川遼さん等ビッグネームしか知らないのに。

でも、普段は興味がないゴルフコーナーを見たりするのも面白いんですよね。今のところゴルフは始める気はありませんが新しい事に興味を持つのは良い事だと思います。

 

それから店内にはテレビが備えられていて、男女がワークアウトしている映像が繰り返し流されているんですよ。

ここでも、ついつい立ち止まってテレビ画面を見る。

どこかのスポーツメーカーの宣伝なのか忘れましたが内容は厳しい環境の中で自分を追い込むようなワークアウトをしているんですよ。

観ていて、ひたむきになるし熱い映像なんですよね。

 すごいな!カッコイイな!と思うのと同時に早く自分も鍛えて強くなりたいって思いました。

 

筋トレを楽しみながらやるのは絶対条件ですが、辛くても諦めず頑張りますよ。

自分はプロレスラーで絶対王者、鉄人、小橋建太さん

天才、プロレスリング・マスター武藤敬司さんを目指しています。

相当なトレーニングが必要でしょうね!

でも、頑張ってチャレンジします!!

 

その前に

なんとか今月中には筋トレ出来るようにしなきゃね。

 

 

 

今日はこの辺で終わりにします。

 

 

 

 

それではまたね。

 

ニオ・ラモーンでした。 

 

 

 

 

名曲!「みのもんたの逆襲」から、みのもんたさんを知る

皆さん、ニオ・ラモーンです。 

 

今日は、「赤井英和ダイナミック時代劇スペシャ」について書こうと思いましたが、突然「みのもんたの逆襲」について書きたくなってしまいましたので、書かせてもらいますよー(笑)

この曲の歌い手は、日本の代表的なお笑いコンビ!とんねるず石橋貴明さんと木梨憲武さんのお二人!

作詞は秋元康さん、作曲は後藤次利さんですねー。

みのもんたさんご本人も、この曲で「午後は○○おもいッきりテレビ」の電話相談のコーナー「ちょっと聞いてョ!おもいッきり生電話」のような口調で話す箇所があったり、曲の終わりにとんねるずについて語る等しています。

 

それにしても豪華な方々だなー!

 

とんねるずは、かっこいい曲も面白い曲も両方あるんですが、どちらも好きです。

ちなみに、この「みのもんたの逆襲」はタイトルや先入観で笑ってしまいますが、曲自体はかなりカッコイイし(でも笑ってしまう)聴き方によっては、シリアスかも。

 

なぜシリアスに聴こえるか?それを勝手に紐解いていきます(笑)

 

 

まず、この歌のタイトルになっている当時のみのもんたさんは、どんな活動をされていたかというと人気テレビ番組のナレーションや司会を務めていました。(この説明では今と殆ど変わんねーじゃん)代表的な番組は「午後は○○おもいッきりテレビ」はもちろんですが(学校に行くのであまり観れないが夏休みに観ていたし、番組のコーナーあなたの知らない世界が好きだった笑)

 なんと言っても

プロ野球珍プレー好プレー」でしょうね!

この番組で近鉄バファローズの当時の助っ人、ジム・トレーバーが乱闘を起こし、怒りを爆発させて走り回ったあげく最後は、蹴躓いてコケた所をロッテの金田監督に顔面キックをくらうシーンで爆笑したのを覚えています。

その時のナレーションが最高でしたね!

今と違いあの頃のプロ野球は乱闘も多かったし、カップルが野球そっちのけで、観客席でベタベタしていましたから。(特に観客がガラガラだった当時のパ・リーグ)

そんな時代もあったプロ野球ですが

みのもんたさんは、「プロ野球珍プレー好プレー」でメキメキと頭角を現し、ついにブレイクしたのではないかと思います。

ご存知でしたか?

なんと、あの神がかったナレーションはアドリブでこなしていたんですよ。すごいですよね!!

プロ野球選手が笑えるネタを本意ではないにしろ視聴者に提供していたわけですが、みのもんたさんの話術があったからこそ、番組の人気が出たと言っても過言ではないでしょう。

 

他にも、歌手の美川憲一さんと司会を務めた番組「愛する二人別れる二人」や経営がうまくいかない店主を助ける番組「愛の貧乏脱出大作戦 についても書こうと思いましたが、とんねるずが歌う「みのもんたの逆襲」に話を戻します。

 ざっくり言うと、みのもんたさんがいかに自分の力を信じて現在の地位まで、のし上がってこれたかを歌で表現したかったのではないでしょうか?

あの頃のみのもんたさんのライバルは、

そして

徳光和夫さんでしょうね。

ライバルも錚々たる方々ばかりですよ! 

そんなライバルが多い中で、自分の個性を出して存在感をアピールしつつ常に第一線で活躍しなければならないプレッシャーはあったのではないでしょうか。

みのもんたさんは、アナウンサーを辞めて水道メーターの仕事に就いた経歴もあるわけで、ずっとアナウンサーとして活動されていたわけではありません。

だからかもしれませんが、「みのもんたの逆襲」というタイトルはしっくりくるのでしょうね。

そんな、みのもんたさんを当時まだ若かったとんねるずが力強く歌いあげます。

 

もちろん、曲の雰囲気もありますが厳しい芸能界での熾烈な争いに勝ち、みのもんたさんがトップでいる事を考えれば、「みのもんたの逆襲」がシリアスな歌に聴こえるのが分かりますよね。

 

 

 

 

 いかがでしたでしょうか?

 

 みのもんたの逆襲」は。

この曲は、アルバムタイトルでもあります。

アルバムのジャケットはみのもんたさんが飾っています。

このCDアルバムを持っていますが他にも、なかなか良い曲がありますよ!

「愛のフィリピーナ」や紅白で歌った「情けねぇ」等。

自分はハマりましたね(笑)

愛のフィリピーナは2番から歌い方がヤバくなります(笑)

 

 

初めて曲紹介をしてみました。ピックアップした曲は

「1番偉い人へ」 でも「ガラガラヘビがやってくる」でもなく「みのもんたの逆襲」でしたからね。

それも、みのもんたさんについて少しではありますが触れさせて頂きました。

 

それと、最後にもう1つ…

 

念の為にお伝えしますが自分はみのもんたさんこと御法川法男

 さんのファンではありません。

(すごいエネルギーのある人だとは思いますよ)

 

 

ここまで書いておいてこれかよ!!!

 

 なんなんだ!一体、このブログは(笑)

 

こんなオチでしたが、最後まで見てくださった方々は本当にありがとうございます!

 

またブログ書きますね!

 

ニオ・ラモーンでした。

 

人生は一本勝負。

皆さん、ニオ・ラモーンです。

 

 七月になりました!

自分にとっては、あっという間に七月になったなぁ〜という気持ちです。

つい、この間まで寒かったじゃん!なんて思っていても現実は間違いなく七月ですからね。

小学生の頃、6年間の義務教育が死ぬ程長く感じていましたが

現在は月日が経つのが、あっという間に感じてしまいます。

大人になり年齢を重ねていくと時間の経過が早く感じるとよくいわれてますが、自分にも、それは当てはまります。

自分も歳をとったということなんでしょうね…とほほ。

 

 

 年齢の話になったので、ニオ・ラモーンが何歳かと申しますと

 

そうですね〜、有名人の年齢と比べたら…

 

嵐より歳下ですよ。それも2つ3つなんてもんじゃなく、かなり歳の差があるんですから。

 

 

 

 嵐は…

 

 

 

初代、2代目、共に大相撲出身でマスクを着用したプロレスラーなんですよね!! 

 

えっ?

 

こちらの嵐ではなく、そちらの嵐?(こちらとかそちらとかなんなんだ笑)

 

 いやいや

 

 どちらも嵐に間違いないでしょう!!

 

という事で、ブログを本題に戻しましょうね。

(強引に話を戻したな)

 

数年前から何をしていても、時間が過ぎ去るのが恐ろしいぐらいに早く感じてしまいます。

楽しい時間を過ごしている時だけでなく、仕事をしている時も体調不良で何も出来ず寝込んでいる時でさえも早く感じてしまいます。

 

学生の頃、アルバイトをいくつかしていました。

ファミレスのキッチンやスーパーのレジ、シティホテルのレストランでウェイター、ショッピングモール内で一定の買い物をしたお客さんを対象に行われる抽選会のスタッフ(抽選器をガラガラ回してティッシュ等の景品をあげる仕事です。)をしていた頃は、時間がスッゲー長く感じていました!

働いている時、もう30分は経ったかな〜?と思って時計を見たら、たったの5分しか経過していなくてガッカリしていたのに。(仕事は誠実にこなしていたとは思います)

 

それが社会人になった今では、「さっきまでお昼休みだったのに、もう帰宅時間か…。」なんて思ってしまいます。

この事を周りの人に話すと、充実しているからじゃないかとか言われたりしますが

充実なんかしていませんから!

むしろ、「つまらない仕事だなー、早く起業しなきゃなー」なんて考えながら働いてます(笑)

 

なぜだろう?なぜこんなにも時間の経過が早いのだろう?

そんな疑問に対する答えが欲しくて自分なりに考えていました。

 

意外に、答えはあっけなく分かりました。

 

それは

 

「やりたい事をやれていないという気持ちが強くあるので焦ってしまっている」が答えでした。

 

自分には、どうしてもやりたい事があります。

しかし、現実はやりたい事が出来ていません。(筋トレも笑)

 このまま燻ってやりたい事も出来ないまま時間だけが無情にも過ぎ去る…。

 

そんなの嫌だ!

 

 だったら…

 

難しく考えずにやればいいじゃん!

 

もともと、自分はこんな性格だった。

子どもから大人になるにつれ、このシンプルな考え方を忘れてしまったのかもしれません。

本田技研工業の創業者、本田宗一郎さんもやりたい事をやれと言っていますね。 

 

 

 少し足踏みをしてしまいましたが、この考え方を取り戻してからは、もう前に進んでいくだけです。

 過ぎ去った過去はどうにもならないですから。

 

最後に、糸井重里さんの書いた文章で今の自分にピッタリな言葉を一部を抜粋して、このブログを終えたいと思います。

「やりたくない」ことや、「やらなきゃならない」ことをやっていてもちゃんと時間は過ぎていく。

そればかりやっていて一生が終わる事だってあるだろう。

 「やりたい」と思えるようなことを、「やらなきゃならない」ことだらけの荒野のまん中に、しぶとい雑草のように植え付けてやるんだ。

 

 よし。頑張るか!

 

ちなみに糸井重里さんが作ったゲームソフト、MOTHERシリーズの中でスーパーファミコン用ソフトMOTHER2が好きでした。最後までクリア出来なかったんですけどね。当時、木村拓哉さんが出演したCMも個性的でよく覚えています。

 

 

昔のテレビCMが好き

皆さん、ニオ・ラモーンです。

 

1週間ぶりにブログを更新します。

ちょっと、ブログを更新できずにいましたが今日から復活します!

 

タイトルにもあるように、自分は昔のテレビCM(ラジオCMも好き)が好きなんですよね〜。

出演者の演技はもちろん、ストーリー性や雰囲気がたったの15秒間であるのに、観る側に強い印象を残してくれると個人的には感じています。

 

そのうえで現在は懐かしさや自分の個人的な想い出等を含め、以前とは違うイメージで当時のCMを観ています。(主にYouTubeで観ていますね)

 

特に1番好きなCMなどはないので、思いついたCMを書いていきたいと思います。

 

まずは…

 

プロレスラーで「黒のカリスマ蝶野正洋さんが出演されていた産経新聞のCMです。

画面にややアップでサングラスをかけた蝶野さんが登場します。

この時点で、とても迫力がありnWoやT-2000で大きなムーブメントを起こした蝶野さんですからCMから強さや説得力が伝わってきます!

 そして、蝶野さんが「あんた、本当にそれでいいのか?」と、落ち着いた声で話します。この言葉でCMを観る者の目に圧倒的なインパクトを残します。

「群れない」「逃げない」というテロップが出た後、

あの、黒のカリスマが新聞を読む後ろ姿が!

そして蝶野さんが一言「The・オンリーワン産経新聞

かっこいい!!

CM側が蝶野さんを起用する事で、誰が相手でも怯む事なく向かって行くイメージを表現したかったのかも知れません。当時、新日本プロレスの本隊と対立していた蝶野さんですから、イメージに合っていたと思います。

別バージョンで「俺は時代に流されない、俺は誤解を恐れない、俺は権威に尻尾を振らない、俺はタブーを破る!」というセリフも最高!!(ラジオCMもありましたね)

本当にかっこいいです!

 

お次は…

 

 女優の本上まなみさんが出演されていた花王のスタイリング剤「Lieseミントシャワー」です。

 

すっごい美人!!

 

このcm、いくつかパターンがあるのですがどれも好きです(笑)

その中でも選ぶのに、ちょっと悩んでしまいましたが、バスに乗って男性とお出かけするバージョンが素敵なんです。

「私の髪、ミントシャワーで目を覚ます」という本上さんのナレーションが入り、洋服選びや髪をセットします。

その後、男性とバスで移動中、本上さんは新しいお店を発見します。

 本上さん「あっ新しいお店!」

男性「どこ?」

このやり取りが、すごく素敵!声も可愛い!!

男性のセリフに答えず髪を風でなびかせ、優しい笑顔を見せる本上さん。

CMの終わりに「スタイリング上々リーゼ」と本上さんのナレーションが入ります。

ちなみにBGMはゴダイゴタケカワユキヒデさんが歌っています。

この曲そのものも素晴らしいしCMの雰囲気にバッチリ合ってます!

本当に癒されるCMでしたね〜。

 

 

最後はこの方!

 

 

 日本の最高のロックシンガーでスーパースター!矢沢永吉さん!(成りあがり読みました)

矢沢さんのCMも、かっこいいCMばかりですよ!例えばコカ・コーラとかね。

でも今回はサントリーの缶コーヒーBOSS

 にしました。

このCMもバージョンが、いっぱいあって選ぶのに迷いましたが今回は「走る編」にします!(矢沢さんが2役するバージョンと、キャッチボールしながら会社を信用するなと語るバージョン等あり、良質なCMが多く本当に迷った)

ロックスターの永ちゃんがスーツ着て走ってる!しかも時計を気にしながらパンを食べ、缶コーヒーのBOSSを飲む!

サラリーマンを演じる矢沢さん、何をやってもかっこいい!(名曲、東京ナイトのMVでもスーツ着てますね)

セリフも「まいったな」と言いながら焦って走るというシーンだけですが、シンプルだからこそ強烈なインパクトがあります。

ちなみに自分が学生時代、企業の会社説明会に遅れそうになってスーツ姿で知らない街を汗だくになって走った事がありました。当時は社会というものに足を踏み入れ始めたばかりの時期だったんでしょうね。(同じように走っても矢沢さんみたいに格好良くありませんが)

 このCMで使用されているBGMは、矢沢さんご本人が歌う「心花よ」(心花と書いてときめきと読む)というバラードで、好きでしょっちゅう聴いてますね。

 

 

ここまで、いくつか自分が好きなテレビCMを紹介して見ました。

 

こうやって、ブログに書いたらその時の社会情勢や流行り、個人的な想い出がよみがえりましたよ。

書いてて楽しかったので、このCM紹介をまたブログで書いてみようかな〜。

 

自己満ではありますが(笑)

 

そして

 

なにより、読んでくださった方々はありがとうございますね。

 

筋トレとは、かけ離れたブログではございますが、ブログは続けます(笑)

 

 

ひとまずは、このへんで終わりにしますかね。

 

またねー!

 

二オ・ラモーンでした。