ニオ・ラモーンのPUNKブログ!

PUNKSが書く気楽なブログです!良かったら、気楽に立ち寄って読んでください♫

人生は一本勝負。

皆さん、ニオ・ラモーンです。

 

 七月になりました!

自分にとっては、あっという間に七月になったなぁ〜という気持ちです。

つい、この間まで寒かったじゃん!なんて思っていても現実は間違いなく七月ですからね。

小学生の頃、6年間の義務教育が死ぬ程長く感じていましたが

現在は月日が経つのが、あっという間に感じてしまいます。

大人になり年齢を重ねていくと時間の経過が早く感じるとよくいわれてますが、自分にも、それは当てはまります。

自分も歳をとったということなんでしょうね…とほほ。

 

 

 年齢の話になったので、ニオ・ラモーンが何歳かと申しますと

 

そうですね〜、有名人の年齢と比べたら…

 

嵐より歳下ですよ。それも2つ3つなんてもんじゃなく、かなり歳の差があるんですから。

 

 

 

 嵐は…

 

 

 

初代、2代目、共に大相撲出身でマスクを着用したプロレスラーなんですよね!! 

 

えっ?

 

こちらの嵐ではなく、そちらの嵐?(こちらとかそちらとかなんなんだ笑)

 

 いやいや

 

 どちらも嵐に間違いないでしょう!!

 

という事で、ブログを本題に戻しましょうね。

(強引に話を戻したな)

 

数年前から何をしていても、時間が過ぎ去るのが恐ろしいぐらいに早く感じてしまいます。

楽しい時間を過ごしている時だけでなく、仕事をしている時も体調不良で何も出来ず寝込んでいる時でさえも早く感じてしまいます。

 

学生の頃、アルバイトをいくつかしていました。

ファミレスのキッチンやスーパーのレジ、シティホテルのレストランでウェイター、ショッピングモール内で一定の買い物をしたお客さんを対象に行われる抽選会のスタッフ(抽選器をガラガラ回してティッシュ等の景品をあげる仕事です。)をしていた頃は、時間がスッゲー長く感じていました!

働いている時、もう30分は経ったかな〜?と思って時計を見たら、たったの5分しか経過していなくてガッカリしていたのに。(仕事は誠実にこなしていたとは思います)

 

それが社会人になった今では、「さっきまでお昼休みだったのに、もう帰宅時間か…。」なんて思ってしまいます。

この事を周りの人に話すと、充実しているからじゃないかとか言われたりしますが

充実なんかしていませんから!

むしろ、「つまらない仕事だなー、早く起業しなきゃなー」なんて考えながら働いてます(笑)

 

なぜだろう?なぜこんなにも時間の経過が早いのだろう?

そんな疑問に対する答えが欲しくて自分なりに考えていました。

 

意外に、答えはあっけなく分かりました。

 

それは

 

「やりたい事をやれていないという気持ちが強くあるので焦ってしまっている」が答えでした。

 

自分には、どうしてもやりたい事があります。

しかし、現実はやりたい事が出来ていません。(筋トレも笑)

 このまま燻ってやりたい事も出来ないまま時間だけが無情にも過ぎ去る…。

 

そんなの嫌だ!

 

 だったら…

 

難しく考えずにやればいいじゃん!

 

もともと、自分はこんな性格だった。

子どもから大人になるにつれ、このシンプルな考え方を忘れてしまったのかもしれません。

本田技研工業の創業者、本田宗一郎さんもやりたい事をやれと言っていますね。 

 

 

 少し足踏みをしてしまいましたが、この考え方を取り戻してからは、もう前に進んでいくだけです。

 過ぎ去った過去はどうにもならないですから。

 

最後に、糸井重里さんの書いた文章で今の自分にピッタリな言葉を一部を抜粋して、このブログを終えたいと思います。

「やりたくない」ことや、「やらなきゃならない」ことをやっていてもちゃんと時間は過ぎていく。

そればかりやっていて一生が終わる事だってあるだろう。

 「やりたい」と思えるようなことを、「やらなきゃならない」ことだらけの荒野のまん中に、しぶとい雑草のように植え付けてやるんだ。

 

 よし。頑張るか!

 

ちなみに糸井重里さんが作ったゲームソフト、MOTHERシリーズの中でスーパーファミコン用ソフトMOTHER2が好きでした。最後までクリア出来なかったんですけどね。当時、木村拓哉さんが出演したCMも個性的でよく覚えています。