ニオ・ラモーンのPUNKブログ!

PUNKSが書く気楽なブログです!良かったら、気楽に立ち寄って読んでください♫

電流爆破夏祭りIN横浜 邪道軍VS全日本プロレス軍で、邪道!大仁田厚さんを応援してきた!

皆さんニオ・ラモーンです!

 

三連休の2日目である日曜日に涙のカリスマ!邪道!大仁田厚さんのプロレスを観に行ってきました!!

大仁田さんは、年内で引退されます。(過去に7回引退している)

自分は、どうしても大仁田さんを観たかったので、はるばるやってきました!

 今回の記事はタイトル通り、大仁田厚さんの試合の感想を書きたいと思います。

 

まずは簡単に会場の雰囲気を説明すると、リングは倉庫の隣にある空き地に設置されていて(野外)目の前が海でした。

露店や選手の物販もあり盛り上がっていましたね。(来日35周年のウルトラセブンさんのコーナーもありました)

自由席なので、良い席を確保しようと早めに自宅を出て会場に辿り着いたのですが、17時開場なのに早く辿り着いた人が多かった為か、16時台には既にお客さんが入場していました。

自分はそれでもリングから、かなり近い席を確保!大仁田さんの激しい闘いを間近で観れると思うとワクワクしました!

 

 試合開始を待つ間は若手選手がリングでウォーミングアップしたりストレッチをしているのを見て時間が過ぎるのを待ちます。

 

 

観客の入りはというと席は全て埋まり立ち見客も集まって試合前から、かなり熱気がありました。

 

王道!全日本プロレス所属の、諏訪魔さんの応援団も旗を持ち準備していましたよ。

 

 

そして、試合開始!

 

まずは1試合目のシングルが終わり(早く終わった試合だったが個人的には張り手やエルボーの音が伝わり良かったと思う)、2試合目がシックスメンタッグでした。

ショッカーさんや、耳が不自由な友龍さんが闘います。

友龍さんは、お客さんの声が聴こえないので両手を上げ、手のひらを動かす応援方法を運営側から試合前に教わりました。

ちなみに、上記に書いたようにリングより先は海です!

自分は「もしかして?」と思っていたら、予想通り場外乱闘ショッカーさんが海にぶん投げられてました(笑)

 

観客は席から立ち上がり笑いを含めた歓声があがる! 

 前座とはいえ、一生懸命さが伝わりました!

 

その後、試合は進み…

 

 ミスターポーゴ二世が登場!

 

先月、腰の手術中に亡くなった

 ミスターポーゴさん…。

突然の知らせでしたね。

悪役のポーゴさんは大仁田さんと、数々の死闘を繰り広げた方です。

ポーゴさんは、「もう一度リングに上がりたい」そして「大仁田さんとまたやりたい」と、話していたそうです…。

そのポーゴさんの思いををつぎ、保坂秀樹さんが二代目を襲名。

 

ミスターポーゴ二代目…力の入る試合でしたよ。

 

 

女子プロレスラー 中野たむさんが登場!

 

タッグマッチで中野たむちゃん(パートナーは唯我さん)を初めて観た!

 

すごく可愛い!!

 

入場してからリングに上がって足をロープにかけてストレッチをしていましたが体が柔らかい。

もともとアイドルなので、「魅せる」のは上手いと思いましたね!

対するはミス・モンゴルさん!

彼女も初めて観ました。

盛り上げるのは上手いし観客の心を掴んでいたのではないでしょうか?

カットに入る時、相手選手ではなくレフェリーを攻撃していたのを観て笑ったなぁ。

 

 最後はかなり痛そうなボストンクラブでミス・モンゴルさんが中野たむちゃんを下すという試合展開でした。

 

それにしても、中野たむちゃんは可愛いかった!可愛い声で「いくぞー!」とかね。本当にこれから期待が持てる女子プロレスラーだと思いましたよ。

余談ですが ミス・モンゴルさんのパートナーの「ミス・コハル」さんがリングを降りて引き上げる時、ファンに笑顔で対応していたのが好感持てました。

 

 

そして…

 

休憩を挟んだ後…

 

遂に…

 

 

遂に待っていた大仁田さんの試合が始まる…がその前にスペシャルなあの人が登場!

 

 

 

 

 

なんと試合開始直前に

 

あの男がレフェリーとしてリングに上がる。

なんと、ケンドー・カシンさんだ!

呼ばれてすぐに

旗を折ったり暴れたい放題!

 

ケンドー・カシンさんが出るとは知らなかったのでビビったよ(笑)

 

邪道!大仁田厚が遂に登場!!

 

大仁田さんの入場曲「ワイルドシング」が鳴り響く!!(映画「メジャーリーグ」シリーズを知っている方ならお分かりですよね?)

俺だけでなく、他の観客のテンションもスッゲー盛り上がっている!

 

邪道軍は大仁田厚、雷神矢口、リッキー・フジ組VS全日本プロレスは、諏訪魔青木篤志、KIYOSHI組。

 

 

試合はもう、迫力満点!!

いきなり大仁田さんが奇襲を仕掛け、両軍入り乱れて試合開始!!

 

 

 

場外乱闘で大仁田さんが観客席へ来た!

 

ものすげー!盛り上がり!!まさにカオス!

しかも、俺の近くだよ!目の前、握手できるくらい近いんだよ!

目の前で乱闘する大仁田厚さんを観て感動と興奮!

ニオ「大仁田!大仁田!頑張れ!!!」

 絶叫に近い応援をする!

 

リングに上がった後も 激しい闘いは続き、諏訪魔さんが大仁田さんの腹に電流バットをぶつけた!

その衝撃音と火花で、会場に悲鳴が!

もちろん、大仁田さんも負けてはいない。

片腕を上げてファンにアピールした後、机に叩きつけるパイルドライバーを披露!

それだけではおさまらない!先ほどのお返しといわんばかりに、今度は諏訪魔さんに大仁田さんが電流バットで反撃!爆音がヤバい!

 

 

その後も両者、一歩も引かない展開で試合は進むが最後は邪道軍が負けたかに思えた…

 

が!

 

レフェリーはケンドー・カシンである(笑)

なぜが邪道軍が勝者になるというジャッジだった!

そして、大仁田さんのマイクパフォーマンスが最高で、観客はリングサイドまで詰め寄る!

もちろんニオ・ラモーンも大声で叫びながらリング付近へ!

レスラーも観客も大暴れだ!!

 

大仁田さんがマイクで「花火を打ち上げる予定だったけど消防側に断られた」エピソードを披露し謝罪!

そんなサプライズがあったとは!

 

その後も大仁田さんが観客にペットボトルの水をぶちまけ、俺の頭や顔にかかる!最高だったなー!!(ファンに頼まれて、大仁田さんは毒霧のように水を顔にかけてあげたりもしていた)

皆んなで大仁田コールをしながら、大仁田さんを触ったし声が枯れても叫んだ!

 

 

もちろん最後は皆んなで「1、2、3、ファイヤー!!!」

 

リングを降りようとする大仁田さんを、ファンが揉みくちゃにする!

別のレフェリーやセコンドが「危ない!」というが御構い無しに大仁田さんを囲んで触る(もちろんニオも笑)

 

すごい人気だよ!

 

 

 

こうして、夏の暑さを吹き飛ばす「熱い」闘いが終わった。

 

興奮したよ!!

 

自分は引退する大仁田さんの残された試合を今後も観に行くつもりです。

 

 

余談ですが大仁田さんと諏訪魔さんだけでなく、中野たむちゃんやリッキー・フジさんを生で観れたのは嬉しかった。

リッキーさんは、新日本プロレス主催の「スーパーJカップ」にFMWの選手として出場していてカッコ良かったのを覚えています。

 

本当に貴重な体験でしたよー!

 

楽しかったなぁ。

 

では、ブログはこの辺にして最後はこれで終わりにしたいと思います。

 

1、2、3、ファイヤー!!!

 

ニオ・ラモーンでした!