ニオ・ラモーンのPUNKブログ!

PUNKSが書く気楽なブログです!良かったら、気楽に立ち寄って読んでください♫

リラックスできる音楽をご紹介します♫

 皆さん!ニオ・ラモーンです。

 

 

前回は過去を振り返る記事を書きました!

まだまだ書きたい事はありましたが、過去の話ばかりに偏ってしまうと(それ以前に元々、筋トレブログだろ!)阿藤快さんのように「なんだかなぁ〜」という気分になりそうなので別の内容の記事を書く事にしましたよ。

 前回の記事で大好きなPUNKバンドをご紹介させて頂いた際、バンドや曲を紹介するのがちょっと楽しかったので、今回はアーティストや曲紹介をメインに記事を書いていきたいと思います!

 

皆さんはリラックスする為に何か行ってますか?

自分は、ただボッーと横になったりストレッチをしたりしています。

他にもYouTubeで懐かしのテレビCMを観たりするとホッとします。(マニアックだな〜)

 

そして、やはり音楽ですよね。

 音楽が大好きな人間でPUNKを中心に新旧、ジャンル問わず聴いています。

 

ちなみに今回はリラックスできる曲紹介という事なので、いくつかピックアップしました。

 

この記事を読んでくださっている方で

 

ご紹介する曲を知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

では

 

 

さっそく一曲目!!

 

ゴンチチの「放課後の音楽室」です!

 

これは本当にステキな曲ですよね〜。

心地良くて自然と目を閉じてしまいます。

 

自分が初めて、この曲を知ったのはテレビCMでした。女優の常盤貴子さんがマンダムのCMに出演されていてイメージに合っていたと思います。

曲だけでなく、CMの雰囲気もグッドでしたね。

 

このCMでゴンチチを知ったのは良いけれど、当時はネットもなかった時代…。

今のように、手軽に音楽が聴ける時代は素晴らしいですね。

 

放課後の音楽室

放課後の音楽室

 

 ピアノバージョンもあったので、ついでに!

 

放課後の音楽室

放課後の音楽室

  • リラクシング・ピアノ
  • ワールド
  • ¥150

 

 

 

 

続きまして2曲目です!

 

バッハの「主よ人の望みの喜びよ」です。

 

クラシックはあまり詳しくないのですが、時々聴いてますよ。太田胃散のCMに使われている曲とかね。(ショパン)

この曲を聴いていると、不思議とクッキーと紅茶が欲しくなる。

 

… 恥ずかしい事を書いちゃった(笑)

 

したり顔で、「僕はクッキーと紅茶が欲しいのさ〜ベイビー」みたいな感じが恥ずかしいの。

ちびまる子ちゃんに出てくる花輪君みたいだし(笑)

関係ない話だけど、同じお金持ちキャラでも花輪君は良い奴だよね。

意地悪なスネ夫とは比べものにならない。

 

この曲は大好きです。前の彼女に勧めた事もあったくらいでしたよ。

 

 

主よ人の望みの喜びよ

主よ人の望みの喜びよ

 

 

 

3曲目は、こちら。

グラスゴー出身のバンド、ベル・アンド・セバスチャンです!

このバンドは音楽雑誌で名前を知ってはいたのですが初めて彼らの曲を聴いたのは音楽ライターであり、「ロンドンナイト」でDJをなさっている大貫憲章さんが、ご自身のラジオでベルセバの曲を流してくださった事がきっかけなんですよね。

ラジオでは、アルバム「ライフ・パースート」から確か「ホワイトカラーボーイ」が流れまして、そこからベルセバを好きになりました。

 

この記事では「ホワイト・カラーボーイ」とともに収録されている曲でアルバム「ライフ・パースート」から「ドレスアップ・インユー」をご紹介します。この曲は部屋を真っ暗にして聴くといいかも。

そしてベルセバを教えてくれた大貫憲章さん、ありがとうございます!

 

 

 

 

4曲目は

 

テレビアニメ「天空のエスカフローネ」のオープニング曲「約束はいらない」です。

歌い手は坂本真綾さん!この時、坂本真綾さんはまだ16歳(自分は小学生)であり、「約束はいらない」は坂本真綾さんにとって記念すべきデビュー曲でした。

まず曲が美しいし、幻想的な曲の世界観に引き込まれてしまいます。

そして坂本真綾さんの声もステキなので、聴いていて心地良いです。

このアニメのヒロイン、神崎ひとみの声優は坂本真綾さんが担当しているんですよね。

 

 

約束はいらない

約束はいらない

 

 

以上、4曲紹介しました。

 

今回、曲のご紹介ができて楽しかった〜!

次回もリラックスできる曲、癒しの曲をご紹介したいです。

 

余談ですが、パンクロックを聴けば興奮するしノリノリになるけど、癒されたりもしますよ。

 

パンクロックで癒される事については、話を掘り下げると長くなるので別の機会で書きます(笑)

 

区切りの良いとこで終わりにします。

 

ニオ・ラモーンでした!

 

またねー!